特別メニュー

統合医療とサプリメント外来

毎週火曜日午前中に、統合医療サプリメント外来を行っています。
統合医療は、西洋医療を受けたが効果が出ない疾患、例えばリュウマチの痛み、膝や腰の痛みアルツハイマー等が治療対象になります。
また健康増進、病気の予防にサプリメント外来を行っています。花粉症、肥満、育毛、関節痛、アルツハイマー等に効果的です。
※統合医療とサプリメント外来は火曜日の午前中のみです。できれば事前にご予約ください。

痛み
AKA、エンラク療法、体壁医療(なおさん療法)、LEP等を組わせます。
AKA
各関節には、1mm前後の遊びがあります。この遊びが無くなると、ぎっくり腰、むち打ち、肩こり、五十肩、膝の痛み、手足のしびれ等の障害が生じます。この関節の動きを回復させることで運動器障害の様々な痛み等が改善します。

エンラク療法
生体には、エネルギーの流れがあります。このエネルギーの流れは、ツボとツボを結ぶ経絡にそって流れますが、この流れがストレス、打撲、むち打ち等により途絶えますと、痛み、しびれが生じます。また脳にも影響を与え不眠、冷え、生理痛、うつ、便秘、下痢等の自律神経障害を引き起こします。また脳から脊髄に影響が出るとそれらが支配している内蔵に障害を引き起こします。エネルギーの流れを回復させると血液やリンパの流れも回復してきます。そして自然治癒が生じてきます。このエネルギーを回復させる方法がエンラク治療です。

体壁医療(なおさん療法)
自覚症状があるにもかかわるず、いくら検査をしても全く異常がない症状を「不定愁訴」といいます。異常がないのに症状だけがあり治療の対策がなかなか立てられません。来院者の実に80%〜90%がこの不定愁訴を訴えています。不定愁訴は治すのが難しく、多くの方々がお困りです。体壁医療(なおさん医療)はこの不定愁訴を治す1つの方法になります。

LEP( Life energy patch)
LEPは数種類のセラミック(マイナスイオン、遠赤外線、磁力等を放出するセラミックのハイブリッド)を配合し、痛みを数秒以内に半減する為に開発されました。関節痛、筋肉痛、胃の痛み、腸の痛み、狭心症、心筋梗塞、がんの痛み等殆どの痛みに対応できます。また生命が危ぶまれるときも応用可能です。

がん
代謝にあった食事療法、免疫療法、HOCL、DCA、LEP等を用います。がんの統合医療はその状況に応じて様々な対応ができます。西洋医療では一通りの治療が終われば再発を待つばかりですが、統合医療ではその間も再発を防ぐための様々な治療法がありますし、再発してからでもあきらめる必要はありません。
ビタミンC大量療法は、ほんの一つのツールです。その他状況に合わせて治療致します。

アルツハイマー
鍼、エンラク療法、サプルメント、芳香療法(アロマセラピー)等を用います。


健康増進、病気の予防にサプリメント外来を行っています。
飲むサプリメント
1. 次の症状の制御性T細胞に働き、炎症を抑えるサプリメント(ワイルドローズ)があります。
  -花粉症・喘息等のアレルギー疾患、リューマチ・関節痛、育毛など-
ワイルドローズ: デンマークで採れたローズヒップの実には免疫細胞の活性化、アレルギーの軽減効果、育毛効果、シミを薄くする効果があります。制御性T細胞を活性化するので関節リュウマチ、多発性硬化症、糖尿病等にも効果があります。
制御性T細胞活性の低下は自己免疫疾患(自己の白血球が自分の臓器を攻撃する)に認められます。関節リューマチもその1つです。また変形性関節症による関節痛にも効果があります。
2. 物忘れ、アルツハイマーを予防するサプリメントがあります。
3. メタボ対策、肥満予防のサプリメント(ディビアティー)があります。
ディビアティー: 植物性インスリンのような作用があります。このお茶で満腹感が比較的速やかに得られるため過食を防げます。ダイエットが楽にできる人もいます。特に食後1時間の高血糖は、糖尿病のみならず境界型糖尿病やメタボでよく見られます。食後の高血糖はグルコーススパイクと呼ばれ、活性酸素が発生し血管壁を傷つけ梗塞の原因となります。ディビアはグルコーススパイクを抑制します。

吸うサプリメント
更に、健康増進、運動能力の向上、抗老化、より深い睡眠の為に、1回20分間活性化された空気を吸います。自律神経系やミトコンドリアに働きます。

※上記の特別メニューは、いずれも自由診療(保険適用外)になります。

当院の写真


 



※統合医療とサプリメント外来は火曜日の午前中のみです。できれば事前にご予約ください。
 担当医師: 鈴木 秀夫

みどりクリニック
千葉市緑区おゆみ野中央1-18-3
京成千原線 学園前駅徒歩1分
  アクセス方法
 Tel. 043-293-5503